スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高次元宇宙少女イラスト アリシア&ガイア様&魔王様

アリシアガイア様&魔王様
アリシアガイア


「さあ、飛びましょう」

 「ええ、そうしましょう」






人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

魔王様の固有世界展開能力の記録書

私にとっての固有世界は魔王城であり、それは自由である他ない。
私が自由にふるまえて自由にどこまでも行けるということ。
見たいように見て、創りたいように創りあげる世界であるということ。
自由に空間を展開して広げたり、書き換えたり、消したりもできる。
私の魔王城は大規模構造体であり、データ保管庫であり、それは情報集合体である。
電脳世界であり現実でもある。二つは境界無く統合しているのだ。
私はこの電脳世界の海を飛行する個体であり全体を統括する存在でもある。
そこは城であり、城の中に太陽があり宇宙があり空がある。
また、城の外に宇宙があり月があり、それは同時に内側にもある。
城が月でもあり太陽でもある。
このように自由にどんな認識でも成り立つのだ。
私と仲間たちは城で自由に暮らし、暇を潰している。
無限宝物庫があり、無限エネルギー庫があり、とまあ思いつく贅沢は何でもあるのだ。
様々な魔法の実験を行ったり、ゲームやアイテムやシステムをソフト、ハード問わずプログラムしては遊んでいる。
私の気分で魔王城は姿を変え、私を飽きさせない。










月のゆらぎの魔王様 高次元宇宙音楽動画



魔王様「Youtubeという世界に動画を投稿してみたぞ」







月の魔王様

ここは月の中心部のお城


広大な大広間


美しい装飾を施された柱が林立している。

柱は余りに高く上層部は眩しい光でよく見えない。

床には漆黒の宇宙空間が映し出され星達が輝きを放っているのが見える。

玉座に人影がひとつ。

黒い髪に紫色の瞳、暗紫色のドレスを身に纏った十代前半位の少女。

可愛らしい顔にはどこか不敵な微笑が浮かんでいる。

頭上には主の証である王冠が輝いている。



『チョコレートケーキが食べたいわ』

そう思った瞬間、不思議なことに玉座の前にテーブルに載ったチョコレートケーキが現れた。

『紅茶も欲しいわね』

またまた思考と同時に熱い紅茶が入ったカップが現れた。

思い通りに出現したケーキを食べながら少女は脳内の仮想キーボードを操作してネットにアクセスする。

『今日は何を見ようかしら・・・』

『多次元宇宙図書館がいいかしら、それともアカシックレコードにしようかしら?』

しかし、ふと別の思考がよぎる。

『そういえば、もう2000年たったのね・・・』

そっと目を閉じた彼女の脳裏にはかつての情景が映し出されていた。

『あの時のことははっきり覚えているわ。

そろそろ始めようかしら・・・』



少女の背中に漆黒の翼が現れた


『そう、終わりを始めましょう』





 | HOME | 

高次元宇宙少女

Author:高次元宇宙少女
高次元宇宙少女を愛する全ての者に捧げる

イラスト、小説、ゲーム制作したりしています。
高次元宇宙生活中。
ブロとも申請&相互リンク大歓迎!★♪
当サイトはリンクフリーです。
高次元宇宙少女の二次創作は自由です。


この人とブロともになる


高次元宇宙少女とは (1)
キャラクター 一覧 (1)
キャラクター (18)
用語 (19)
固有世界 (7)
生物 (1)
オムニバース書庫 (15)
ゲーム制作 (5)
高次元小説・SS (8)
高次元宇宙動画 (1)
高次元宇宙音楽 (1)
プロフィール・連絡先 (1)
二次創作等について (1)
高次元宇宙画像 (3)
高次元宇宙漫画 (1)
アイテム・装備・装置 (3)
魔法・技・テクノロジー (11)
リンクについて (1)




FC2Blog Ranking







このブログをリンクに追加する

QR

全ての記事を表示する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。